2017/8/2 DSDS(その2)

DSDSの防水スマホ Sony Xperia X Performance Dual F8132

今回もまたスマホの話です。

前回はスマホとガラケーの2台持ちをやめ、DSDS(デュアルSIM、デュアルスタンバイ)のスマホ、Moto G4 Plusに変えた話をしました。

Moto G4 Plusは価格の割に機能が充実しているため殆ど不満はなく、むしろ使いやすくて気に入っていたくらいでした。
しかし、唯一の欠点が防水ではない事です。

前回も同じことを書きましたが、釣りにスマホを持って行く場合、やはり防水でないと不安です。
特に渓流釣りの場合、スマホを水没させる可能性が非常に高いので、
防水であることが必須条件 に近いです。

仕方ないので釣り場には防水ケースに入れて持っていくのですが、カメラで撮影するたび、防水ケースから出し入れするのが面倒で仕方ありません。
また、タッチ操作は防水ケースから出さなくてもできるのですが、文字がうまく入力できなかったり、感度が悪くなってイライラすることが良くあります。

そんな訳で、防水スマホが欲しくて欲しくて仕方なくなりました。
2017年7月現在、残念ながら国内モデルとして販売されているDSDS対応の防水スマホはありません。
しかし、海外モデルの並行輸入版なら、選択肢は少ないものの(注1)、DSDS対応の防水スマホが存在することが判りました。
私が目を付けたのは、ソニーのXperia X Performance Dualです。
Xperia XZにもDSDS対応のモデルはあるのですが、私にはちょっと高すぎるのでパス。
X Performanceも結構高いので、最初は中古を探していたのですが、ヤフオクでは中古が新品と変わらない値段で出品されていたりするので、結局新品で購入することになりました。

Xperia X Performance Dualの詳細なスペックは以下の通りです。

OS Android 6.0
(アップデートでAndroid 7.1.1)
ディスプレイ 5.0インチ フルHD(1920x1080)
CPU Snapdragon 820 2.2GHz 4コア
メモリ
3GB
ストレージ 64GB 
microSD 最大200GB(SIMカードと併用不可)
アウトカメラ 2300万画素
インカメラ 1320万画素
バッテリー 2570mAh
SIMサイズ SIM1:nanoSIM
SIM2:nanoSIM
サイズ 高さ  :144mm
幅   :71mm
奥行き: 8.6mm
重さ 165グラム

Moto G4 Plusと比べると、CPUがオクタコアからクアッドコアに、ディスプレイが5.5インチから5インチにスペックダウンとなるため、ちょっと寂しいところもありますが、まあ仕方ありません。
また、Xperiaの国内モデルと比べると、ワンセグが無かったり、おサイフケータイ非対応だったりと、若干の仕様差もあります。
私の場合、スマホでTVを見ることは殆ど無いし、おサイフケータイも使っていなかったので、これは大した問題ではありません。

さて、7月になってボーナスも出たので早速購入。
(正確にはボーナスが出る前に小遣い前借で(^^ゞ)

買っちゃった。(^^)


箱を開封したら早速セットアップです。
Wi-Fiを設定すると、またすぐにバージョンアップが始まりました。
カタログではAndroid 6.0ですが、バージョンアップ後はAndroid 7.1.1になりました。


続いてSIMカードの設定です。
1枚目は、 Moto G4 Plusの時と同様に通信用のb-mobileとします。
海外モデルとはいえ、今度は国内メーカーのスマホなので、アクセスポイントは設定済みだと思ったのですが、期待に反してあまり選択肢がありません。
b-mobileも選択肢にはあるのですが、聞いたことのないAPばかりで、自分の契約に合うものがないのです。(^^;
仕方ないので、自分でAP設定を作成して1枚目が完了。



次は音声通信用のドコモのSIMカードですが、SPモードが選択肢に無くてがっかり。
これも自分でAP設定を作成して2枚目も設定完了。


海外メーカーのMoto G4 Plusでは設定不要(選ぶだけ)だったのに、国内メーカーのソニーのXperiaが自分で設定しなくてはいけないとは、相当にががっかりでした。(^^;
一応SIMカードの設定が無事完了し、2枚のSIMカードで通信できるようになりました。


その後、メール設定や各アプリの設定を行い、これまで通りスマホが使えるようになりました。
ただ、LINEだけはユーザーIDの引継ぎがうまくいかず、友達がゼロになってしまいましたが。(^^ゞ



さて、 Xperia X Performance Dualを使って1ヶ月ほど経ちました。
前回同様、独断と偏見による評価です。

まずはなところ。
・やっぱり防水
防水スマホが欲しくて買ったので、当たり前といえば当たり前ですが、やはり防水は良いです。
釣りに行くとき、いちいち防水ケースに入れなくても良いし、写真を撮るときに濡れた手で触っても心配ありません。
後にも書きますがカメラの性能も良いので、釣り場にデジカメを持っていく必要が殆ど無くなりました。

・サイズがちょうどよい
ディスプレイが5.5インチから5インチに変わり、一回り小さくなったので、最初は少し寂しい気がしましたが、実際に使ってみると、これくらいのサイズがちょうど良いと感じるようになりました。
片手でも操作しやすいし、ちょっと大きめのポケットがあるシャツなら、胸のポケットに収まります。
5.5インチのほうが画面は見やすいのですが、どうしても携帯性が悪くなるので、自分には5インチ程度の大きさが合っているようです。

・カメラが早い
メーカーのカタログによれば、このスマホのカメラは起動から最短0.6秒で撮影できるとのこと。
本当に0.6秒かどうかはともかく、起動も早いしオートフォーカスの反応も早いので、なかなか使いやすいです。
また、解像度も高く、アウトカメラ(リアカメラ)は2300画素、インカメラ(フロントカメラ)の画素数が1320万画素となっており、インカメラに至っては少し前のスマホのアウトカメラ並みなので、結構綺麗に写真が撮れます。
まあ、私は滅多に自撮りする事は無いので、あまりメリットは無いのかもしれませんが。

・充電が早い
カタログには明記されていませんが、Quick Charge 2.0に対応しているようで、急速充電が可能です。
Moto G4 Plusよりは充電が遅く感じますが、50%を切った状態から1時間も充電すれば、ほぼ100%近くまで充電できるので、十分便利です。
まあ、最近はほとんどのスマホが急速充電に対応しているので、特筆すべきことではないのかもしれません。

・見た目が高級(?)
このスマホの背面は金属製でヘアライン仕上げになっています。


Moto G4 Plusは樹脂製でチープな印象でしたが、こちらは落ち着きがあって高級感もあり、なかなかよい感じです。(^^)
まあ、前回も書きましたが、最近はミドルクラスのスマホでも金属製のものが珍しくないので、これも特筆するほどの事ではないのかもしれません。

・受信感度良好(?)
これは国内メーカーのスマホだから当たり前かもしれませんが、
Moto G4 Plusで圏外だった場所でも、問題なく通話ができました。
渓流釣りに行った時でも、以前より圏外の表示になることが少ない気がします。(注2)

続いて×なところ
・OSが不安定
使い始めてからしばらくすると、使用中にいきなり、
「問題が発生したため、システムUIを終了します」
というメッセージが表示され、まともに操作ができなくなってしまいました。(^^;
また、使用中にタッチ操作の応答が悪くなり、最悪の場合はタッチ操作が全くできなくなっしまいます。
そうなると、再起動するしか対処方法がありません。
ゲームなど特に重い処理をしているわけでも無いのに、この現象が頻発し、1週間に3回も再起動する羽目になってしまいました。(^^;
ネットで調べると、このような現象が多数報告されていており、対処方法も書かれているのですが、いくつか試してみても、まったく効果が無いのです。
これまで使ってきたスマホでは一度も起きたことが無い不具合なので、かなりガッカリしています。(;_;)(注3)

・指紋認証がイマイチ
Xperiaでは、本体横の電源ボタンに指紋認証のセンサが付いています。
電源ボタンを押すのと同時に指紋認証されるので、最初は便利だと思ったのですが、実際に使ってみるとあまり使い勝手が良くありません。


Moto G4 Plusの指紋認証と違い、画面が消灯(スリープ)している状態では、必ずボタンを押さないと認証しない仕様となっています。
そのため、電源ボタンを押し込む時間が短いと指紋が認証されず、そのまま指を電源ボタンに触れていると、いつまで経っても認証されないので、一度指を電源ボタンから離し、もう一度ボタンに触れる必要があります。
最初の頃は使い方が良く判らず、ここでもう一度電源ボタンを押してしまい、電源を切ってしまうことがたびたびありました。
また、アプリからの通知がポップアップした状態で画面が消灯している場合も同様で、電源ボタンを押すだけでは認証されません。
(何度押しても画面が切り替わらない)
画面をスワイプするか、ホームボタンを押して再度指紋認証する必要があり、操作方法が一定していないのです。
好みの問題もあると思いますが、個人的には
Moto G4 Plusのように、指を置くだけで認証されて電源が入るほうが良いです。

・SIMカードとmicroSDカードが同時に使えない。
このスマホでは、SIMカードとmicroSDカードのトレイが兼用となっており、SIMカードを2枚使う場合は、microSDカードが使えなくなります。

国内向けモデルと異なり、ストレージが64GBあるので、私には全く問題は無いのですが、写真やアプリでデータを沢山保存したい方には不向きかもしれません。

・バッテリー容量が少ない。
Moto G4 Plusの
バッテリーは3000mAhでしたが、このスマホは2570mAhで、2割近く少なくなっています。
そのため、以前は普段の使い方ならバッテリーが4日持ったのに、長くて3日しか持たなくなりました。
まあ2日持てば実用上困りませんが、もうちょっとバッテリー容量があるほうが良いです。

ここまで書いて思うのは、Moto G4 Plusのコスパの高さです。
実売価格は
Xperia X Performanceのほぼ半分なのに、防水でないこと以外はそれほど性能に差はなく、むしろXperiaより使いやすく感じるくらいです。
とはいえ、やはり自分には防水スマホは必須なので、しばらくはこのスマホのお世話になるでしょう。

しかしまあ、DSDS対応のスマホは通信料金を安く抑えるために選んだのに、まだ半年しかも経っていないのに買い替えるのは、なんだか本末転倒のような。(^^;



注1:
DSDS対応の防水スマホは、ソニーの他にサムスンのSamsung Galaxy S8や、LGのG6があります。
韓国メーカーのスマホが嫌いな訳では無いのですが、つい国産メーカーを選んでしまいました。


注2:
Moto G4 Plusのときと同様、自宅近くの
「FOMAプラスエリア」に行ってみました。
下図の黄色い領域が
「FOMAプラスエリア」なのですが、
期待に反して電波状況が悪く、かろうじて通話は可能な状態でした。
ここはガラケーならアンテナが3本立っていたので、国内メーカーのスマホでも、ガラケーには負けるということでしょうか?


もう少し先まで車を進めると、
前回同様、サービスエリア外になっているのに受信可能で、受信状態が良くなりました。
これもMoto G4 Plusと全く同じ状況です。

Moto G4 Plusより受信感度が良くなったと思っていたのですが、もしかすると気のせいかもしれません。(^^ゞ

注3:
この現象はXperia X Performanceだけでなく、Z5、XZ、XZsでも発生しているようです。
Android 7.0以降にアップデートした後に発生するとか、特定のアプリが原因だとか、色々情報はありますが、はっきりした原因は判っていないみたいです。
ちなみに、7月後半になって(日付は忘れた)アップデートがあったのですが、その後はまだこの現象が発生していません。
これで直ってくれると嬉しいのですが。


戻る